勤怠管理の口コミと昔の職場の話

勤怠管理の口コミとして、私が以前勤めていたところの情報を提示します。社員でもアルバイトでもカードをもち、二台のタイムカードで管理していました。出勤のときは一階にあるタイムカードを先にスキャンし、帰りのときは、二階においてあるタイムカードからスキャンします。実際に管理していたのは二階にある、帰りに先にスキャンするタイムカードなので、一台目が調子が悪くてもそのまま放置していて平気でした。以前は、ノートにも、勤務時間を書いていたのですが、管理が大変だからか、ノートは途中で廃止されました。事務のほうでは、パソコンで、シフトを全部入力してあって、パソコンで出勤になっていないと、タイムカードのほうも出勤扱いになってくれなかったです。勤怠の管理はほとんど、事務の人がやってくれていたので、何かあったらすぐ事務に言いに行けば全部処理してくれました。カードを忘れた人がいたり、スキャンするのを忘れてしまったり、いろんな事務の手続きがありました。有給休暇もあって、パートでしたが、何年かするとたまってしまうので、消化するのも大変でした。最後はほとんど捨ててしまっていました。

いろんな勤怠管理のしかたがあると思いますが、その前の会社では、やっぱりタイムカードを使っていました。タイムカードが今は一番ポピュラーなのではないかと思います。仲間内で、押してくれたり、カードを落とした人を探してくれたり、そんなこともありました。私が勤めていたところはスーパーだったのですが、店長さんが厳しく、なかなか働き甲斐が会ったように思います。なかには態度の不真面目なひともいて、事務室で、いろいろ言われていました。たったの二年でしたが、いろんなことがありました。勤怠管理はどこでも事務の人がやるのが一般的なのでしょうか、事務室の事務員さんはいつも忙しそうにしていた記憶があります。ただ、優しい人で、「つかれたの?」とか、「寒いから気をつけてね」とか何かと気にかけてくれて、とても居心地のいい職場でした。今思えば何で辞めてしまったんだろうと後悔しています。

人間関係は良好で、優しい人もたくさんいました。私はあまり他の人と話しませんでしたが、気にかけてくれた人はたくさんいました。今にして思えばもったいなかったです。勤怠の管理もそんなに厳しくなく、忘れたら用紙に書いて事務に出せばよかったですし、怒られることもあまりなかったように思います。