勤怠管理は便利なシステムを利用しよう

工場に勤めていて、管理化に配属された経験がある方でしたら、一度は勤怠関係に携わったことがあると思います。または、飲食業界など、従業員がシフト製の会社や店だったりすると、給与計算などにおいて勤怠管理は必須となってきます。これを怠ってしまうと正確な給与計算ができなくなってしまうほか、出勤日数の管理や設定がうまくできなくなり、様々な人に迷惑をかけてしまいます。しかし、勤怠管理って会社の従業員規模が多くなるほど実はすごく大変なんですよね?タイムカードを導入してもカードを切り忘れてうまくいかなかったり、実際に働いていないのにカードを通して出勤扱いしてしまったりと問題も多くあります。管理の大変な勤怠業務ですが、インターネットが普及当たり前になっている昨今では、インターネットのサーバーを利用して、一括管理ができるようになっており、私が勤めている会社では勤怠情報が本社に一括して振り分けられ、各工場に情報が行きます。そのため双方で情報が分かり、万が一の不備の際にも発見しやすくなっております。また、双方で管理することで個人情報も管理しやすくなりますし、書面による管理だと書類の保管等に場所をとりますが、画面での管理なら、コンパクトで済み、管理も楽になります。

私の会社の勤怠システムはかなり便利で、単に出退勤や従業員の休みの管理だけでなく、給与の計算においてもシステムが一躍かってくれます。従業員が入社した際にあらかじめ時給やシフトの時間を入力しておくことで、自動的に計算が行われ、給与担当者の業務の負担が大幅に改善され、控除関係や正しく処理されているかの確認業務が主となっております。あなたの会社の勤怠管理はいかがですか?未だに紙に出勤時間と退勤時間を記入していませんか?もし、人事課の担当をされてるなら、給与の締めが近くなると時間に追われていませんか?今はインターネットで勤怠のシステムをダウンロードできるサイトがあったり、リーズナブルな料金で、勤怠管理専用のサーバーを設置できたりしますので、この機会にぜひ上司にお願いして、検討してみてはいかがでしょうか?

ちなみに私の会社はこのシステムを導入してから一番苦労しているのは、突発的なシフトの変更にシステムが対応できず、エラーリストに出てきてしまうため、突発的なシフトの変更があったときは規定の書類に記入してもらっているのですが、従業員がそれを忘れてしまったり、次の日に長期休暇を取っていたりすると処理が遅れてしまうというデメリットもありましたが、以前から担当している先輩に話を伺っても明らかに作業効率が上がったそうです。